蕎麦の栄養とは

蕎麦の栄養とは

蕎麦、私は毎日食べていますが、蕎麦の栄養ってどういうものかわかりますか。
蕎麦、栄養学的には、かなり優れものなんですよ。

蕎麦に含まれている栄養素で代表的なものは、まずたんぱく質ですね。
たんぱく質、これは、人間の成長や生命の維持に欠かせないものです。
蕎麦には良質なたんぱく質が豊富に含まれています。
米や小麦とはくらべものにならないくらい、多く含まれその含有量は牛乳並みです。

そのほかに、体内では、作ることのできないアミノ酸、とくに必須アミノ酸が多く含まれています。
からだの発育に欠かせないリジンやスタミナ源であるアルギニン酸などが必須アミノ酸です。これは、成長期の子供が食べるのにも最適ですね。

繊維質も豊富で、へミセルロースと呼ばれる繊維質が含まれ、繊維質は、白米の2.5倍もあります。
便秘の悩みが多い女性にもおすすめですね。

そして、疲労回復に効果があるビタミンB1も白米に比べ、4倍から5倍含まれています。口内炎や皮膚や粘膜を健康にするビタミンB2、老化防止に役立つビタミンEなどのビタミン類も蕎麦には含まれています。
また、肝臓の健康を守るコリンも含まれています。脂肪肝や肝硬変を予防するそうです。お酒をよく飲まれる方にも蕎麦はおすすめです。

あと、注目されているのがポリフェノールです。ポリフェノールは、血管を丈夫にしたり、色々の病気を引き起こす活性酸素を除去する効果があります。特に蕎麦に含まれるポリフェノールは、脳の記憶細胞が死滅するのを防ぎ、ボケ(老人性痴呆症)の防止に効果があるそうです。
そして、注目はルチンです。ルチンは、穀物類では、蕎麦だけに含まれます。
ビタミンPの一種で、毛細血管を強化して血圧を下げる働きがあります。
心臓病や脳内管障害、動脈硬化や高血圧の予防に役立ちます。

そして、これらの栄養素は蕎麦を茹でた湯である蕎麦湯に多く溶け出しています。
つまり、蕎麦湯には優れた栄養がたくさん含まれているという事です。
蕎麦を食べた後に蕎麦湯が出てきたら、蕎麦湯をたくさん飲んでくださいね。

この様に、蕎麦はたくさんの、栄養を含んだ健康食品です。
健康のため、毎日でも食べてください。












teutisoba at 22:16│Comments(0)TrackBack(0)clip!蕎麦の栄養 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔