蕎麦の種物の歴史

蕎麦の種物の歴史
蕎麦の種物、種類がたくさんありますが、いつごろからあると思いますか?
種物の歴史は古く、江戸時代からあります。
そばの食べ方が、団子やそばがきから、つなぎを使った二八そばができ、それが普及すると、現在の天ぷらそばに代表される種物が登場してきました。

料理店の影響を受けて、そば屋の大店で始まったという説もあります。

種物のはしりは長崎より伝えられたシッポク料理から「シッポクそば」と「鴨南ばん」です。

「シッポク」はそばの上に鶏肉、椎茸、焼き玉子などを添えたものです。「シッポク」はそばよりもうどんのほうが有名ですね。「鴨南ばん」は温かいそばに鴨肉と焼いたねぎを入れたものです。

同じころ登場した「花巻」はそばに浅草のりを乗せてその香りを楽しむものです。
幕末に「おかめ」、「鍋焼きうどん」が登場したそうです。

明治開花で「牛開花そば」が生まれ、次の大正時代に「カレー南蛮」、「コロッケそば」、「たぬきそば」がうまれたそうです。


この中には現在でも食べられている種物がありますが、江戸時代の昔からあるんですね。
ほんと驚きです。カレー南蛮、コロッケそばが大正時代にできていたのも驚きです。

現在でも種物は、たくさんの種類がありますが、現在の種物の王様は、やはりなんといっても天ぷらそばですね。そば屋を代表する種物だと思います。
天ぷらそばがおいてない店はほとんどないですよね。
そばと天ぷらは相性がいいですからね。

私の店でも天ぷらそばは、やはり一番多くでていますね。

これからの寒い季節は、「鍋焼きうどん」「カレー南蛮」「鴨南ばん」などもいいですね。
江戸から明治、大正からあるという伝統ある種物、じっくりと味わってみたいものです。

蕎麦 - livedoor Blog 共通テーマ


teutisoba at 20:57│Comments(0)TrackBack(0)clip!蕎麦の歴史 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔