そばがき(蕎麦掻)の作り方

そばがき(蕎麦掻)の作り方
蕎麦の美味しさ、というか蕎麦粉の美味しさを一番簡単に味わうには、どうしたらいいと思いますか?
それは、普通のそば切りの麺で食べるのではなく、そばがきにして食べることです。
そばがきにして食べると、蕎麦粉本来の持つ味がわかります。

そば切りの麺にして食べると、やはり蕎麦の味わいがつたわりにくくなりますね。
たとえば、そば切りの麺だと、つなぎが入ったりとか、たとえ十割そばでも、当然茹でてから食べるので、栄養素とか旨味がお湯に溶け出してしまいます。
その後、水で洗いさらに冷たい水で締めたりするので、どうしても蕎麦の味は感じにくくなります。麺の食感とか、のどごしはいいんですけどね。

そばがきにして食べれば、ほんと、蕎麦の味を感じることができます。
香り、甘みとか、蕎麦の持つ本来の旨味がわかります。
いい蕎麦粉かそうでないかもはっきりと分かりますね。

そばがきの作り方はすごく簡単です。
お碗の蕎麦粉を入れこれに熱湯を入れ、いっきにかき混ぜる、それだけでできます。
入れるお湯の量は、蕎麦粉の 1.2〜2倍くらいですかね。硬い、柔らかいは好みの問題なので調整してください。
これを椀がきといいますね。食感は、少しざらついた感じがしますが、蕎麦粉本来の味を感じられます。

少し手間がかかりますが、仕上がりをきめ細かくなめらかにしたいのなら、鍋がきという作り方もあります。
これは、鍋に蕎麦粉を入れそこに水を加え蕎麦粉と水をよく混ぜてからそれを火にかけます。入れる水の量は蕎麦粉の2倍くらいです。
火にかけていると、粘りが出てきます。そこからさらにかき混ぜます。頃合いを見て火から下ろしさらにかき混ぜて、滑らかに仕上げます。

椀がき、鍋がきともそれぞれの食感があり、どちらも美味しいです。
食感は、まあ好みの問題ですね。両方試してみて、自分の好みにあったものを見つけてください。

わさび醤油や蕎麦つゆなどをつけて食べると美味しいですよ。
私のところでは、かえしをつけてお出ししています。

その他、そばがきを団子状にして、餡をつけて食べるとか、汁粉やぜんざいに入れても美味しくいただけます。

簡単にできて、蕎麦粉本来の味を楽しめるそばがき、ぜひ、試してみてください。

蕎麦 - livedoor Blog 共通テーマ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔