蕎麦の食べ方とは?



蕎麦の食べ方とは?

美味しい蕎麦の食べ方、というか楽しみ方ですが蕎麦を作っている側、蕎麦屋が提案する蕎麦の食べ方をお伝えしたいと思います。

まあ、蕎麦を食べるのに流儀とか作法なんて必要ないし、自由に食べてもらってもいいんですが、蕎麦を作る側からするとこんな風に食べてもらったら、楽しんでもらったらいいな・・・ていう食べ方、楽しみ方があるんです。

代表的な蕎麦屋のメニューのざるそばですが、このざるそば1枚でも美味しく楽しめる食べ方があるんです。
まず蕎麦につゆもなにもつけないで2〜3本箸でつまみ食べてみる。
これで、蕎麦の香り、甘み、こし、のどごしを確かめる。
最初からつゆをつけてしまうと、蕎麦の味より、つゆの味のほうがつよいので、蕎麦本来の味がわからなくなってしまいます。
蕎麦の味というのはほんと微妙です。蕎麦だけ食べることによってその微妙な味を感じてください。
次に、つゆをほんの1口だけ口に含んでみる。これでつゆの濃さ、辛さ、甘さを確かめる。店によってつゆの濃さ、辛さ、甘さなどはかなり違います。
この1口でつゆの味を味わうとともに、蕎麦にどれくらいつゆをつけたらいいのかを確かめます。
かなり辛いつゆの時は、ほんの少し蕎麦の先のほう、ちょっとだけつゆをつけて食べるとか、甘めのつゆの時はある程度どっぷりとつゆをつけるとかという事ですね。

薬味も最初から全部つゆのなかに入れてしまう人がいますが、これでは、せっかくのつゆの味が台無しになってしまいます。
つゆは、店それぞれで、とにかくこだわって作っているものですので、できれば最初は何もいれずにつゆを味わってもらいたいですね。

薬味は、店によって違いますが、一般的には、わさび、ねぎ、大根おろしなどが多いですかね?
この薬味をつゆに入れないで、たとえば、わさびだったらこれをそばに少しだけ乗せて食べてみてください。
薬味だけ乗せて食べてみる。つゆに入れて食べてみたのとくらべると蕎麦、薬味とも味がはっきりと感じられます。ほかの薬味も同じ様に試してみてください。

そして、今度は、それにつゆをつけて食べてみる。また違った味が感じられます。
つゆに薬味を入れたい人は、この後に入れてみてください。

たった1枚のざるそばでも、この様にすれば、何通りもの味が楽しめますね。
ぜひとも、この食べ方、試してみてください。
また違った、蕎麦の味を感じられると思いますよ。

そして最後は、必ずそば湯を味わってください。
つゆにそば湯を入れますが、つゆの濃さも変えて飲んでみるといいですね。
そば湯には、ルチンなどの栄養素が含まれますので、たっぷりと飲んでください。

以上、蕎麦屋がおすすめする蕎麦の食べ方です。

しかしながら、蕎麦、これは自由に食べてもらっていいものです。
この食べ方、無理におすすめる訳ではありません。
まあ、少しでも、蕎麦を食べる時の参考にでもなればありがたいですね。





蕎麦 - livedoor Blog 共通テーマ












トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔