年越し蕎麦

年越し蕎麦

年越し蕎麦、だいたいの人は大晦日に蕎麦を食べると思います。
何大晦日に蕎麦を食べるんだと思いますか?
これには、色々な説がありますね。

よく言われるのが、蕎麦は細く長いので、年の締めくくりに、これを食べて「細く長く達者に暮らせることを願う」という説ですね。

また、蕎麦は切れやすいので、一年間の苦労を切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという説もあります。

それから、金細工職人が仕事納めの大晦日に 作業場に散らばった金粉を蕎麦粉を団子にしたもので集めていたという事から、これが「蕎麦は金を集め縁起が良い」という事になり、大晦日に蕎麦を食べるようになったとも言われています。

年越し蕎麦は、年を越す前に食べきらなければならず、蕎麦を残してしまうと翌年金運に恵まれなくなるとも言われますね。

この年越し蕎麦、地方によって少し違います。
私の住んでいる地域では、かけそば、ざるそば、これに天ぷらを付けたりするのが一般的ですね。それと鴨肉などを使ったものもあります。

沖縄県では、年越し蕎麦には沖縄そばを食べるそうです。

福井県では、年越し蕎麦に濃い目のつゆを大根おろしでのばしてたつゆをそばにかけて、それにねぎ、かつお節などをのせた、おろしそば(越前そば)を食べるそうです。

新潟県、長野県の一部地域には、年越しに蕎麦ではなく鮭を食べる習慣があるそうです。
新潟県では、焼き鮭、長野県では鮭の酒かす煮が一般的だそうです。

地方によっては蕎麦のかわりに鰯を食べるところもあるそうです。

年越し蕎麦、地方によって色々な食べ方がありますね。でもみんな幸せを願って食べるというのは同じですね。

今年も、もう残りわずかになりました。
年の締めくくり、美味しい年越し蕎麦を食べて、皆さん幸せになってもらいたいものです。










トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔