もり蕎麦とざる蕎麦

もり蕎麦とざる蕎麦

蕎麦屋の代表的なメニューで、もり蕎麦とざる蕎麦があります。
同じ冷たいメニューなのですがどこが違うのでしょうか?
店によって違いはありますが、一番多いのが蕎麦の上に海苔(きざみ海苔)がのっているかいないかで区別している所が多いですね。
海苔がのっているのが、ざる蕎麦、のっていないのがもり蕎麦というふうに分けられていますね。
出される器でもせいろに盛られているか、ざるに盛られているかで分けている所もあります。
値段も、海苔がのったざる蕎麦のほうが、少し高くなっていますね。

でも、もり蕎麦とざる蕎麦の違いは、元来、蕎麦つゆの違いにあったようです。
ざる蕎麦は砂糖を用いた蕎麦つゆで、盛り蕎麦は味醂等で味付けした蕎麦つゆで食べるものだったようです。
蕎麦が出始まった江戸時代、当時はまだ砂糖は貴重品であり、つゆの区別を明確にするために蕎麦を盛る器に違いをつけたり、高級品であった海苔を散らしたりしたそうです。
砂糖が誰にでも手に入るようになった現在では、そういう区別をする蕎麦屋は少ないと思います。
現在、つゆはどちらも共通となり、海苔をのせるか、のせないかという違いだけが残ったみたいですね。

もり蕎麦をせいろとか、せいろ蕎麦といってだしている店もありますね。
せいろは蒸し器のことで蒸篭と書きます。昔は蕎麦を茹でないで蒸し器で蒸して、その蒸し器で出して食べたので、せいろと呼ばれたそうです。
ざる蕎麦は文字通りざるに盛って出したのでざると呼ばれました。

せいろに盛った蕎麦でも海苔がのったものを、ざる蕎麦、のっていないものをもり蕎麦とよんでいる店もありますね。

もり蕎麦とざる蕎麦、どちらもそれぞれ美味しいのですが、手打ち蕎麦屋の店主としては、海苔はのせないほうがいいと思います。
海苔は香りが強すぎて、蕎麦本来が持つ微妙な蕎麦の香りを消してしまいます。
海苔をのせないで、蕎麦本来の香りを味わってもらいたいと思いますね。

もり蕎麦とざる蕎麦、こんど蕎麦屋に行ったら、この違いを確かめてみてください。
店によって、それぞれ違いますので、これを確かめてみるのも面白いと思います。








トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔