引越し蕎麦

引越し蕎麦

引越し蕎麦、最近はこの風習も少なくなりましたね。
どうして引っ越した時に蕎麦を配るのか?
疑問に思った人、多いのではないでしょうか?
そもそも引越し蕎麦とは、江戸時代の中期、後期という説もありますが、
まあ、江戸時代に始まった風習ですね。江戸時代の町人文化から生まれたものだそうです。
蕎麦以前には、引越した時の挨拶に小豆を使ったお餅やお粥を配っていたそうです。
でもこれは、引越しのちょっとした挨拶なのに丁寧すぎやしないか?という思いと、この時代、小豆を使ったお餅やお粥は少し高価なものだった為、もう少し安上がりな挨拶はできないか?(こちらが本音だと思います)
そこで、当時安価だった蕎麦に白羽の矢が立ち、引越した時の挨拶に蕎麦を配るようになったそうです。

また、蕎麦には「おそばに越してまいりましたので、細く長いお付き合いをよろしくお願いいたします」という江戸っ子の洒落と、蕎麦は「細く長く切れない」ことから、細く長くお世話になりますの意味もあるそうです。

そして蕎麦の「細く長く切れない」この姿が大変縁起が良いといわれ、好まれたそうです。
引越しの挨拶に隣近所へは2枚ずつ、大家さんへは5枚ほど、そばを持参したそうです。

引越し蕎麦にはそのような由来があり、昭和の初めの頃までは、ごく一般に行われていた風習だったそうです。
最近では元来の意味も薄れ、引越し当日に家族や手伝いをしてくれた人達と一緒に蕎麦を食べることが多いみたいです。
引越し蕎麦、こういった風習、大事にしてもらいたいものです。
特に、蕎麦屋にとっては大事です・・・。

その他、年越しそばや棟上そばをはじめ、色々なお祝い事に食される蕎麦もあります。
これらの風習も大事にしてあらゆる機会に蕎麦を食べてもらいたいですね。
これ、蕎麦屋の大事な願いです。











トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔