節分蕎麦と年越し蕎麦



節分蕎麦と年越し蕎麦

もうすぐ節分ですが、節分の時に何を食べますか?

最近は、太巻きの寿司を食べるのが流行っていますね。
恵方巻とか丸かぶり寿司と呼ばれるものですね。
その年の年神「歳徳神」(としとくじん)がいる方角を向いて、無言で巻き寿司を丸かぶりすれば幸せになるといわれています。
ちなみに今年は、南南東の方角だそうです。

巻き寿司もいいんですが、地方によっては節分に蕎麦を食べる風習がありますね。
私のすんでいる所でも節分に蕎麦を食べます。

節分に食べる蕎麦「節分蕎麦」ですが、昔はこれを「年越し蕎麦」と呼んでいたようです。
「年越し蕎麦」といえば、12月31日の大晦日に食べる蕎麦のことですよね。
どうして、節分に食べる蕎麦を「年越し蕎麦」と呼ぶんでしょうね?

節分とは、季節の変わり目のことで、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日のことだそうで、本来は一年に4回の節分があるんですが、この中の立春の前日を称して節分と呼ぶようになっているそうです。
立春の前日は大寒の最終日、つまり冬から春への節目の日なので節分と呼ばれています。
江戸時代には、大晦日ではなく節分が本当の年越し(立春が年の改まる日)という考え方があったそうです。
そのため、節分に食べる蕎麦は「年越しそば」と呼ばれていました。

立春を迎える前に、蕎麦を食べて身を清め、新しい年を迎えたそうです。

蕎麦の実は魔よけになるといわれ、蕎麦を食べて、前年の邪気を払うという意味もあるそうです。

「年越し蕎麦」現在では、節分に食べるので「節分蕎麦」と呼んでいるところが多いですね。

でも「節分蕎麦」を「年越し蕎麦」と呼んでいるところは、結構あるみたいですよ。

今年の節分は、蕎麦を食べて身を清め、邪気を払い、そして、豆をまいて、福を招いてください。



蕎麦 - livedoor Blog 共通テーマ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔