たぬきときつね


たぬきときつね
毎日、寒いですが、こんな時は温かい蕎麦やうどんがいいですね。

温かい蕎麦やうどんで、よく気軽に食べられるものに、たぬきときつねがあります。
たぬきだったら蕎麦、きつねはうどんという組み合わせが多いですね。


たぬきときつね、蕎麦またはうどんに揚げ玉がのっているのが、たぬき、これに対して油揚げがのっているのがきつねですね。

なぜ、揚げ玉がのっているのが、たぬき、そして油揚げがのっているのがきつねなのか?

たぬきですが、江戸時代の終わりごろに、その江戸で登場したようです。

蕎麦にのせる天ぷら、しかし、タネのない揚げ玉だけがのっている。タネが入っていないので「たねぬき」これが、たぬきになった。
また、実際にはタネが入っていたが、それが小さく、全体の大きさにくらべて中身が小さいことから、大きさを「化かす」これでたぬきになったなどといわれます。

「化かす」のなら、きつねもいますが、江戸ではうどんより蕎麦が主流で、うどんにくらべると黒っぽい色、
胡麻油を使った黒っぽい天ぷら、そして、江戸特有の黒い汁から色の黒いたぬきが連想され、たぬきになったようです。これがのったものがたぬき蕎麦ですね。

きつねは、たぬきよりやや遅く明治時代に関西で登場したようです。
きつねは大阪の「松葉屋」という店で始めたそうです。
きつねの好物といわれる油揚げを甘く煮てうどんにのせ、きつねうどんという名前で売り出したようです。

関西においての伏見稲荷は商売繁盛の総本社であり、その稲荷の使いであるきつねは商売繁盛をもたらす縁起のいい動物と考えられ、そのきつねの名がついたきつねうどんは縁起も良く、油揚げの甘さも関西人の舌によく合って、大阪の食べ物として定着していったそうです。

たぬきときつねは、地方によって呼び方やその内容が違いますね。

関西では、うどんに油揚げがのっているのが「きつね」、蕎麦に油揚げがのっているのが「たぬき」というみたいです。のっているものは、どちらも油揚げなんですけどね・・・。

関東では、たぬきといわれる揚げ玉を、「ハイカラ」といい、これがのったものを、ハイカラうどん、ハイカラ蕎麦と呼ぶところもありますね。

京都では、油揚げがのったうどん、蕎麦を「きつね」あんかけのうどん、蕎麦を「たぬき」と呼ぶそうです。

油揚げがのったものを、稲荷うどん、蕎麦と呼ぶところもあり、またこれを「しのだ」又は「志乃田」と呼ぶところもあります。

たぬきときつね、何気なく食べていますが、その歴史は古く、地方により色呼び方とかそれぞれの特色があるんですね。
日本各地のたぬきときつね、食べ比べをするのも面白いですね。


蕎麦 - livedoor Blog 共通テーマ





teutisoba at 19:56│Comments(0)TrackBack(0)clip!蕎麦の種物 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔