ひな祭りとひな蕎麦

ひな祭りとひな蕎麦
3月3日はひな祭りですね。

ひな祭りの食べ物といえば、ちらし寿司やハマグリのお吸い物、ひなあられ、桜餅ですね。
このひな祭りにお供えし、食べられる蕎麦があるんですがご存知ですか?
この蕎麦をひな蕎麦といいます。

お雛さまのお供えに菱餅がありますが、地方によっては、この菱餅のかわりに蕎麦をお供えするという風習があるところがあります。

この、お雛様にそばを供えるひな蕎麦ですが、蕎麦は長く伸びるので家運や寿命が長く伸びるということで、大変縁起がいいので、蕎麦を供えて願をかけたそうです。

この風習は、江戸時代ごろから始まったという説がありますね。

ひな蕎麦ですが、菱餅と同じように白、赤(桃色)、緑の三色の蕎麦が供えられています。
白は更科蕎麦、赤は更科蕎麦に海老を練りこんだ蕎麦、緑はよもぎを練りこんだ蕎麦です。
この三色の蕎麦、彩りもよく優雅に見えますので、ひな祭りにぴったりですね。
そこで私も、三色の蕎麦を打ってみました。

 芥子
さくら






写真の蕎麦は、白と赤の蕎麦です。白い蕎麦は、ただの白い蕎麦では面白くないので更科蕎麦に芥子を練りこんだ芥子きりです。赤い(桃色)蕎麦は桜の葉と花弁を練りこんださくらきりです。

茶そば

緑の蕎麦は、更科蕎麦に抹茶を練りこんだ抹茶きりです。



以上の三色の蕎麦、手間はかかるんですが彩りも良く見栄えもいいですね。(自画自賛?)

これを綺麗な蒸篭(せいろ)に盛り付けお供えします。菱餅とはまたひと味違ったお供えになりますね。
(私の所に丁度いい蒸篭が無かったので写真はざるで出しています)

でも、この蕎麦、お供えするのはいいんですが、あまり長い時間お供えしておくと、せっかくの蕎麦がのびて美味しくなくなってしまうんじゃないですかね?
(のびるのは縁起がいいという考えもあるんですが・・・?)
出来れば、蕎麦は茹でてからすぐに食べてもらいたいものです。

でも、実は、ひな蕎麦というのは3月3日ではなく翌日の3月4日のおひな様を片付ける時にお供えをして食べるのが本当みたいです。

これは、おひな様をしまう時の清めの儀式とか、もしくは、おひな様のお嫁入りとか、つまりは、おひな様の引っ越しという意味あいがあったといわれます。

今年のひな祭り翌日の3月4日、おひな様を片付ける時には、昔からある風習にちなんで、ひな蕎麦を食べてみてはいかがでしょうか。
        
雑記☆ - livedoor Blog 共通テーマ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔